Ver 1 Fun of air cooling twin cylinder engine







にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ

2014年9月12日金曜日

NikonD300S  SIGMA APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSM (Nikon用) 2014年09月11日 911の後ろ姿  



















ポルシェの911シリーズのなかで
997後期のデザインが個人的にお気に入りです。
洗練されたエクステリアフォルムと
マイナーチェンジ後の各部デザインが
絶妙にストライクゾーンなのです。
筋金入りのポルシェファンになりますと、
ポルシェは空冷エンジンでなければならないとか、
964シリーズや993シリーズこそが本当の911ポルシェなんだ
というマニアックなお話も御座いますが、
実は正しいとか正しくないなんてそれなりの基準もなく
個人的に好きか嫌いか?それだけなんだと思います。

手に入れた以上大義名分的な心理状態が芽生え、
これこそが最高のポルシェなんだと思う熱い気持ち、
997後期にしてみても私個人が勝手にそう解釈し
深く思い込んでいるだけで実は気に入れば何でも良いのです。
ヒトには譲れない強烈な個性なんてものが存在していて
メルセデスシリーズでも124シリーズが素晴らし過ぎたため、
210シリーズや211シリーズはモノ足りないとか
手抜きだとか思い込んでしまうのも
仕方のない感情移入なのかも知れません。

ポルシェの997後期の3,8リッター6気筒 
水冷エンジンも申し分なく本当に素晴らしい造り込みで、
不満どころか驚異的なレーシングスペックを誇ります。
職業レーサーでは御座いませんから
一般道路でこれ以上のスペックは必要ないのかも知れません。
ある意味この997後期シリーズの911ポルシェは
乗っていても全然飽きが気ません。
小さな時に感じた遠い憧れが余計に感覚を麻痺させるのか、
適度にアクセルを踏み込んで運転させているだけでも、
実際には速くなくとも速さを充分堪能出来る各部操作の感覚的な表現力、
乗る人間に対しての心理的な満足レベルを具現化させる
スポーツカーとしての醍醐味と表現しましょうか?

仕掛けが非常にバランスよくギミックとは違いますが
巧く設計させられているのだと思いました。
911シリーズの満足感は何処から生まれて来るのでしょうか?
永い歴史に裏打ちされた911シリーズも基本骨格や
ベースデザインは通算50年の歴史の流れが御座います。
991ではややボディーがやや大きくなりセンターコンソールが
2本の柱で遮られる印象のインテリアへとなりました。
モチロンこれも991後期でGT3なんかが将来不意に欲しくなる
危険性もありますが今の時代なら997後期のGT3が好きです。
997 GT3のエクステリアフォルムに惚れてそのエンジン、
足回り、インテリアのシンプルな組み合わせ、全てがお気に入りです。
超絶お気に入りモードもある種危険な精神構造モードで
997コレクターズアイテム的な溺愛思考に陥るのが嫌でした。
ということで気にせずに
その997シリーズでガンガンに遊べる足車としての提案が、

997後期のカレラS 3,8 の6速マニュアルミッション車を
GT-3風にカスタムさせて徹底的に楽しむ遊びとしての選択でした。


加古 俊文




NikonD300S 

SIGMA 
APO 150-500mm 
F5-6.3 DG OS HSM (Nikon用)
DX 225~750mm
Photo by Toshifumi Kako










































































































































































2014年9月10日水曜日

SIGMA dp2 Quattro  30mm単焦点の視界 2014年09月09日   猫




























SIGMA dp2 Quattro

Aspect ratio of 1: 1
Square composition,
In shades of sepia-style
cinema mode
I tried to shoot a house cat
TIRO once again.
Small irregular body
Field of view
of the 30mm single-focus
Photo by Toshifumi Kako























































2014年9月8日月曜日

NikonD3S Carl Zeiss Planar Single focus lens T* 1,4/85 ZF.2 85 mm単焦点の世界 2014年08月18日  三重県尾鷲市梶賀町へ
















国道42号線の景色!



2014年08月18日〜19日
単焦点85mmの世界
ポルシェカイエン 957 GTS

2014年08月の盆過ぎ!
19日から恒例の三重県尾鷲市
梶賀町までカイエン957で走らせました。

GTSは通常よりもプラスアルファー的な
スペック盛りが加えられた
ライトチューンスペシャルエンジンが魅力です。
ノンターボ NA 排気量4800ccポルシェ社製の
直噴エンジンV型8気筒のアルミシリンダー搭載です。
運転中切り替え式でスポーツモードに入れると、
元気なEXサウンドを奏でながらスポーツな走りに激変!
むちゃくちゃな運転をする訳ではありませんが
適度にGTSセッティングで楽しませてくれる味付けです。

今回の尾鷲旅行にはカメラを2台を用意しました。
NikonD3Sと単焦点85mmでお馴染みの
Carl Zeiss  Planar 
Single focus lens T* 1,4/85 ZF.2の組み合わせ、
それからSIGMA dp2 Quattro を1台です。
この日の為にdp2 Quattroは
チャンプさんにて急遽入荷してもらいました。
30mmの単焦点が固定ですから
換算比率で約45mm相当の画角です。

dp2 Quattroの心臓部はお世辞抜きで
申し分無く中判カメラ並みの
画像の美しさと肌理細かな画質が、
これまた簡単にスナップ撮影程度の
お気軽さで実現出来るところが魅力的です。
正直外観がへんてこりんな造形スタイルですから
世の多くの方達からは敬遠されますが、
実際に使ってみるとこれがまた絶妙に使い易くて
しかも高性能で凄くイイ〜カメラなんです!

NikonのD3Sがしばらくお休みに
なってしまう程のdp2 Quattroの面白さでした。
旅に出掛けた時のスペアバッテリーは
予備で1個スタンバイですから
新品標準箱入りの2個に対して
1個追加オーダーの合計3個でした。
充電器も1個余分に注文してバッテリーも
4個にするとちょうどいいかも知れません!

三重県尾鷲市まで伸びた新しい高速道路で
梶賀町まで到達する時間は大幅に短縮されました。
無いと楽しみにしていた高速道路ですが
出来ると今度は単調な景色で何か物足りません!
ということで帰りは敢えて勢和多気まで
国道42号線を下道でのんびりと走らせました。
景色と道のり、高速のおかげで
中途半端な渋滞も回避出来て
最高の紀伊ツーリングが実現出来ました!


加古 俊文

Nikon D3S
Carl Zeiss Planar
Single focus lens
T* 1,4/85 ZF.2